かわいいフリーイラストやさん「ダウンロードカフェ」リリースしました!

フリー素材とは?知っておきたいWebダウンロード素材のあれこれまとめ

フリー素材とは、無料で利用できる画像やデータのことを指します。

Web上で配布されているものが多く、代表的なジャンルは、「音楽(サウンド)素材」「フォント素材」「写真(イラスト)素材」などがあげられます。

コストを抑え手軽に利用できるという理由で、個人だけではなく大手企業にも利用されていることが多いです。

写真素材は、番組動画のテロップ、ニュースサイトのアイキャッチ、バナー広告に利用されていますが、ツイッターアイコンとして、ブログなどにはよくイラストが使用されています。

フリー素材の二つの仕組み

このフリー素材を利用するには、2つの仕組みを理解する必要があります。

  1. 利用規約の範疇で利用する必要がある
  2. CC0(パプリックドメイン)として著作権を気にせず利用できるもの

まず、1つ目が、利用規約に同意した上で自由に利用できるもの、後者は著作権の保護期間が切れたものや著作者人格権を行使しないものを自由に利用できるものです。

性質はまったく異なっていることを知っておくようにしましょう。

そうじゃないと、理解せずに利用するとトラブルに陥る可能性があります。

当サイトのダウンロードカフェは、フリー素材として「無料イラスト素材」や「フリーストックイラスト」と呼ばれています。

事前に利用規約を確認するようにしよう

もちろん「フリー素材」のサイトも実は利用規約をチェックする必要があります。

そこで確認しなければいけないのは「利用規約」。

フリー素材サイトに必ずある利用規約とは、素材を使うにあたり細かく定められたルールのことです。

主に書かれていることはこれらのことです。

・素材(画像、写真)の使い方(使用にあたってのルール)
・素材(画像、写真)の権利者は誰なのか

各サイトごとに内容は異なり、素材を使うにはその規約に同意し遵守する必要があります。

このルールがあることで、「フリー素材」という文化と権利が守られて、どのサイトも利用規約のページで確認できます。

利用方法は、配布元によって対応が違います。

例えば、ダウンロードした素材を加工できるのか、再配布できるのか、他の素材サイトでは問題がなかった使い方が、禁止事項な場合も注意をしてください。

加工を許可している場合でも、加工して利用する際にはクレジット表記が必須だったり、配布元のリンクを掲載する条件がつくサイトもあります。

利用方法によって使い分ける ~個人利用と商用利用~

また、個人利用は無料ですが、商用利用は有料にするといったケースも存在しますので、自分がどういった目的で素材を利用するかについても、改めて認識した上で利用してください。

規約の中に出てくる「個人利用」と「商用利用」について詳しく話すと、個人利用はそのまま、「個人の楽しむ範囲でなら使って良い」という意味です。

商用利用は「利益を得るために使う」という意味です。

例えば「販売している自社の商品パッケージに、素材(画像、写真)を使用しよう!」、というのは「商用利用」になりますので、アフィリエイトブログや、その他ツイッターで宣伝をする際、ネットショップに使う場合は、商用利用になります。

「商用利用不可」の素材(画像、写真)は、使用に際して要注意です。

フリー素材の著作権にも注意が必要

利用規約に著作権の取り扱いが明記されている場合は、規約を遵守する必要があります。(明記されていない場合もありますので注意してください。)

フリー素材と聞いて、「何にでも自由に使えるもの」だと判断する人は多いのですが、著作権を放棄していないケースが多いです。

従って、禁止事項に抵触(不正利用)すると訴訟問題になりますので、注意をしてください。

著作権を気にせず利用できる「著作権フリー」

著作権が気になる、放棄されているものを使用したいという場合には、CC0(パブリックドメイン)と呼ばれるフォト、イラストがおすすめです。

これらは、一切の制限なく自由に使うことができます。販売、改ざん、アダルト利用、作品を自分の物として発表しても違反にはなりません。

使い勝手が良いように思えますが、巻z線に著作権フリーの素材サイトは数える程度しかありません。

よくあるCC0のサイトは、他の写真サービス(API)を横断して表示するコンテンツ量産型の仕組みが多く、タグ付けされた写真等を自分のサイトでまとめて表示してたりして、事前チェックされていないことが多いです。

従って、もとの画像は他所の素材ということもあるので、注意をしてください。

当サイトについて

当サイトの「ダウンロードカフェ」については、会員登録なしで素材をダウンロードできるサイトです。

利用規約を読んでいただければ、禁止事項さえ守っていただければ基本自由にご利用いただけます。

まとめ

SNSなどが普及し、誰もが簡単にWeb上に写真や画像をアップし、閲覧できる時代になりました。

GoogleやYahoo!で画像検索をすると素敵な画像がたくさん結果に出ます。

ただし、勝手に使っていいのかということは絶対にありませんので、利用規約や著作権フリーの意味、フリー素材と言ってもどこまでフリーなの?ということについては把握しておいてくださいね。