かわいいフリーイラストやさん「ダウンロードカフェ」リリースしました!

イラストレーターと著作権について。イラストの料金ってどのぐらいかかる?

イラストの料金は明確な基準がないため、発注者、受注者ともに戸惑うことが多いと思います。

基本的には発注者と受注者の合意ができれば、いくらでもいいのですが、イラストというのは料金がかかって当然と考えておいて良いでしょう。

これはなぜかというと、イラストレーターは食べていかなければなりませんから、あまり安すぎる設定や、むりょいうというわけにはいかないからです。

イラストレーターに対して敬意を払い、適切な料金を設定されていて、著作権があります。

イラストの料金相場

ここでは相場となる料金を書かせていただきます。

イラストの条件╲ランク Aランク Bランク Cランク Dランク Eランク
人物1人、顔のみ、背景なし 2,000 3,000 4,000 5,000 8,000
人物1人、上半身、背景なし 3,000 4,000 5,000 6,000 10,000
人物1人、全身、背景なし 5,000 6,000 7,000 8,000 15,000
人物2人、上半身、背景なし 5,000 6,000 8,000 10,000 18,000
人物2人、全身、背景なし 7,000 8,000 10,000 15,000 20,000
人物3人以上、全身、背景なし 9,000〜 10,000〜 12,000〜 20,000〜 25,000〜
シンプルな背景付きの場合の追加料金 1,000 1,200 1,500 2,000 3,000
描き込む背景付きの場合の追加料金 1,500 2,000 3,000 4,000 5,000

※日本イラストレーター協会参照

ココナラでイラストを発注した場合、ココナラなどのイラストを依頼した場合、小さいイラストを作成してもらうことがほとんどです。

一口にイラストと言ってもいろんなタッチがあり、タッチによって制作時間が違いますので当然料金も違いますが大体の目安がこちらになります。

もちろんイラストのタッチ以外にもイラストレーターの知名度や、その人にしか出せない個性など料金に影響する要素は他にもあります。

イラストのギャラは『依頼料』ではなく『利用料』

ここで気をつけたいのは、そのイラストはその人のものになったのかというと、そうではありません。

そもそもクライアントから依頼されたイラストのギャラ(制作費)は、描いたイラストを使っていいですよ〜と言う使用を許可する「利用料」とも言えます。(例外はある)

著作権というものは、どのイラストでも発生します。

著作物(イラスト)を制作した人物を著作者で、著作者(イラストレーター)は自分が描いたイラストを独占的に利用する権利を持っています。

著作権を放棄しているかどうかですが、その著作権を放棄している人はほぼいませんので、そのイラストを第三者が著作者に無断でイラストを利用することはできません。

いくら相手がオーダーメイドでイラストをお願いしてきても、相手が自由に何回でも使い回しができたり自分のものとして、制作したなど、自作発言をすることはできません。

イラストの二次使用料とは?

仕事で描いたイラストを別の媒体にも使用したいという場合、たとえば二次使用料が必要になるケースがあります。

例えば、WEBサイトのカットとして描いたイラストを動画コンテンツにも流用したい、別のウェブサイトでも使用したい、みたいな話ですね。

ケースバイケースなのですが、特別な契約を交わしていない場合は、二次使用料を請求できます。

すなわち、使用者も「二次使用」をした場合には、使用料を請求されるケースがあります。

ラッキーと正直思ってしまいましたが、イラストレーター 業界では珍しくない話だそうです。

日本イラストレーター協会では追加媒体料を次のように定めています。

二次使用料 7割
三次使用料 5割
四次使用料 5割
五次使用料〜 2割

著作権譲渡について

このようにココナラで、仮にイラストを描いてもらったとしても、著作権譲渡をしてもらわないと自分のイラストではありません。

著作権を譲渡してもらいたい場合には、相談をする必要があります。

ここでポイントとなるのが著作者人格権です。

以下の6つから成るので覚えておいてください。

  1. 公表権
    作品を公表するかしないか決められる権利
  2. 氏名表示権
    作品に氏名を表示するか決められる権利
  3. 同一性保持権
    勝手に作品を改変されない権利
  4. 名誉声望保持権
    作品を適切な場所に掲載するなど、著作者の社会的評価を守る権利
  5. 出版権廃絶請求権
    描いた絵が「やっぱイマイチだなぁ」と思ったときに非公開にできる権利
  6. 修正増減請求権
    改めて複製する際に修正バージョンを適用するよう求める権利

譲渡可能な著作権(財産権)とは異なり、著作者の一身専属権とされ、これを譲渡(移転)することはできません(著作権法59条)

著作人格権はクリエイターの名誉や作品への思い入れを守る権利であり、名誉や思い入れは人に譲渡できるものではないということで譲渡できなくなっています。

ちなみに、当サイトも無料イラストとなりますが、著作権譲渡は行っておりませんので、ご注意ください。

イラストの著作権について把握しておこう

現代はWEBや動画、紙媒体などあらゆるメディアが存在していますが、

なので、その都度使用料を交渉するより、イラストそのものを買い取っているのかどうか、著作権を放棄してるのかどうかは確認してください。

著作権譲渡についてはなかなか相談しにくいですが、オリジナルイラストを購入したい場合には、ココナラがおすすめです。

ココナラはこちら